マウス症候群の原因と予防

マウス症候群の症状と、予防の方法をまとめてみました。

マウス症候群の原因は、親指と人差し指の動き

マウスを持つ姿勢を思い浮かべて欲しい。

長時間にわたり腕を前に出し、親指を曲げてマウスを握り、主に人差し指でクリックを繰り返す。マウス症候群の原因はこの親指人差し指の動きにあります。

指や手首を固定した状態で行なうマウス操作は、限られた関節と筋肉しか使わないため、筋肉に過度な負担がかかります。

親指の根元にある短母指屈筋(たんぼしくつきん)は一度固まると伸ばしても伸びにくく、使えば使うほど負担が蓄積される筋肉。放置しておけば徐々に親指の付け根の骨が外に出っ張り、関節の機能障害に発展します。

また、クリックの反復は指から手首、肘へとつながる手根屈筋(しゅこんくっきん)を疲弊させ、痺れや血行障害を引き起こすこともあります。」

 | HOME | 

Categories

Recent Entries

お小遣い稼ぎ!
スマホでお小遣い稼ぎ!
DTIブログポータルへ
このブログを通報
Report Abuse

利用規約