マウス症候群の原因と予防

マウス症候群の症状と、予防の方法をまとめてみました。

マウス症候群はOL&ビジネスマンの新職業病

PCのマウスは、身体にさまざまな不調を与えている。手の痺れ、手首・肘の痛み、肩こり・・・、「慢性的」とあきらめていたあなたの不調も、”マウス症候群”の一端かもしれない。

長時間のマウス操作が原因とされ、PCワークを続けざるを得ないビジネスマンなら誰でも陥る可能性があるのだ。

マウス症候群は、全身に悪影響を及ぼす

何気なく使っているPCのマウスが引き起こす”マウス症候群”。PCの進化に伴い、患者数は増え続けているといわれます。そして悪化すると、全身に影響を及ぼす可能性もあるのです。

PCワークの際に、重い肩こりや手首の痛み、指の痺れなどを感じたことはないでしょうか?もしそれらの症状に覚えがあれば、”マウス症候群”を疑ったほうがいいでしょう。これはマウスを長時間使用することで引き起こされるさまざまな身体の不調のことです。

マウス症候群の原因は、親指と人差し指の動き

マウスを持つ姿勢を思い浮かべて欲しい。

長時間にわたり腕を前に出し、親指を曲げてマウスを握り、主に人差し指でクリックを繰り返す。マウス症候群の原因はこの親指人差し指の動きにあります。

指や手首を固定した状態で行なうマウス操作は、限られた関節と筋肉しか使わないため、筋肉に過度な負担がかかります。

親指の根元にある短母指屈筋(たんぼしくつきん)は一度固まると伸ばしても伸びにくく、使えば使うほど負担が蓄積される筋肉。放置しておけば徐々に親指の付け根の骨が外に出っ張り、関節の機能障害に発展します。

また、クリックの反復は指から手首、肘へとつながる手根屈筋(しゅこんくっきん)を疲弊させ、痺れや血行障害を引き起こすこともあります。」

マウス症候群は、全身に悪影響を及ぼす

さらに恐ろしいのは、マウス症候群は手や腕だけではなく、全身にも悪影響を及ぼすということだ。マウスは利き手側だけで操作をするため、体の一方にのみ過度な負担がかかり、体の軸のバランスを崩すこともあります。

とくに長時間使用する人は、マウス操作による痛みや障害が、腕や首、肩にとどまらず、背中や腰、股関節、膝など全身にいきわたることも少なくありません。

人は長い間、マウスでなくペンで長時間の筆記をおこなっていたが、ペンの時代はここまで広範囲な症状はなかった。筋肉の固定時間や動きが従来とはまったく異なる、マウスが生んだ新しい症状といっていいでしょう。

ネット環境の進化が、マウス症候群を増大

マウス症候群が増えたのは、多くの企業のデスクワークにPCが導入された2000年頃から。

PCを使用する時間が延び、PCの発達やWindowsVistaに代表されるOSの進化が作業を簡略化させたことで、人はさらに同じ動きを反復的に行なうことになり、患者数は年々増加している。

皮肉にもPCの性能やネット環境の進化が、マウス症候群を増大させる一因になっているというわけだ。

 | HOME | 

Categories

Recent Entries