マウス症候群の原因と予防

マウス症候群の症状と、予防の方法をまとめてみました。

マウス症候群はOL&ビジネスマンの新職業病

PCのマウスは、身体にさまざまな不調を与えている。手の痺れ、手首・肘の痛み、肩こり・・・、「慢性的」とあきらめていたあなたの不調も、”マウス症候群”の一端かもしれない。

長時間のマウス操作が原因とされ、PCワークを続けざるを得ないビジネスマンなら誰でも陥る可能性があるのだ。

マウス症候群は、全身に悪影響を及ぼす

何気なく使っているPCのマウスが引き起こす”マウス症候群”。PCの進化に伴い、患者数は増え続けているといわれます。そして悪化すると、全身に影響を及ぼす可能性もあるのです。

PCワークの際に、重い肩こりや手首の痛み、指の痺れなどを感じたことはないでしょうか?もしそれらの症状に覚えがあれば、”マウス症候群”を疑ったほうがいいでしょう。これはマウスを長時間使用することで引き起こされるさまざまな身体の不調のことです。

マウス症候群の原因は、親指と人差し指の動き

マウスを持つ姿勢を思い浮かべて欲しい。

長時間にわたり腕を前に出し、親指を曲げてマウスを握り、主に人差し指でクリックを繰り返す。マウス症候群の原因はこの親指人差し指の動きにあります。

指や手首を固定した状態で行なうマウス操作は、限られた関節と筋肉しか使わないため、筋肉に過度な負担がかかります。

親指の根元にある短母指屈筋(たんぼしくつきん)は一度固まると伸ばしても伸びにくく、使えば使うほど負担が蓄積される筋肉。放置しておけば徐々に親指の付け根の骨が外に出っ張り、関節の機能障害に発展します。

また、クリックの反復は指から手首、肘へとつながる手根屈筋(しゅこんくっきん)を疲弊させ、痺れや血行障害を引き起こすこともあります。」

マウス症候群は、全身に悪影響を及ぼす

さらに恐ろしいのは、マウス症候群は手や腕だけではなく、全身にも悪影響を及ぼすということだ。マウスは利き手側だけで操作をするため、体の一方にのみ過度な負担がかかり、体の軸のバランスを崩すこともあります。

とくに長時間使用する人は、マウス操作による痛みや障害が、腕や首、肩にとどまらず、背中や腰、股関節、膝など全身にいきわたることも少なくありません。

人は長い間、マウスでなくペンで長時間の筆記をおこなっていたが、ペンの時代はここまで広範囲な症状はなかった。筋肉の固定時間や動きが従来とはまったく異なる、マウスが生んだ新しい症状といっていいでしょう。

ネット環境の進化が、マウス症候群を増大

マウス症候群が増えたのは、多くの企業のデスクワークにPCが導入された2000年頃から。

PCを使用する時間が延び、PCの発達やWindowsVistaに代表されるOSの進化が作業を簡略化させたことで、人はさらに同じ動きを反復的に行なうことになり、患者数は年々増加している。

皮肉にもPCの性能やネット環境の進化が、マウス症候群を増大させる一因になっているというわけだ。

マウス症候群の予防法

長時間椅子に座ってマウス操作を続ける場合、姿勢に気をつけることで、大幅に疲労を軽減できます。

また、仕事の合間にちょっとした休憩を入れることもマウス症候群予防の効果的な手立てとなります。

マウス症候群を引き起こす原因・操作時のクセ

操作時のクセで思い当たる項目があれば、マウスにより身体に負担がかかっています!

あなたのマウス症候群度をチェック!

1 同じマウスをずっと愛用している

マウスを握る際のポジションが常に固定されていると、特定の関節や筋肉に負担が集中してしまう。ときどきマウスサイズを変えれば疲労は軽減する。

2 持ち上げるクセがある

マウスを移動する際に持ち上げてしまうと、そのつど、手首を不自然に動かすことになり、余計な負担がかかる。マウスをおいたまま動かすクセをつけるべき。

3 PCの起動を待てずにイライラしてクリックを連打する

PC起動や重いファイルが開くのを待つとき、イライラしながらついマウスをクリックしがちだが、これは厳禁。指の反復的な動きも手首の疲労につながる。

4 小さなマウスを使用している

手のひらで不自然に包み込むため、マウスを動かす際に両脇を親指と小指で支えたり、クリック時に指を立てざるを得ない、余分な力が必要となり負担となる。

5 押さえつけてスクロールする

指が滑りやすい素材のホイールを使っていると、スクロールする時に指で押さえつけるクセが出る。無駄な力が入ることで、指の筋肉に緊張をあたえてしまう。

6 マウスを握ると手首は常に机に接している

手首が机上に押し当てられた状態で使用していると、マウスを移動する際に摩擦を起こしてしまう。また、手全体の重さを一点で支えることになり、負担が大きい。

7 腕を伸ばしてマウスを操作する

右手で操作する場合のベストポジションは、肘が90度以上になる右手前方。肘を伸ばしきった上体で操作すると肩に力が入り、筋肉に負担がかかる。

8 指先に力を入れてクリックしてしまう

クリックするたびに指先に力が入ると、手首にある筋肉の疲労は相当なものになる。指先の疲労が筋肉に伝わり、全身の疲労につながるのでこれもダメだ。

9 横スクロールがついていない

スクロールの際の手首の動きも筋負担となる。最新のマウスの多くはホイールをサイドに倒すと横スクロールできる。細かな手首の動きが不要になり、負担を減らせる。

10 いまだにボール式のマウスを使用している

ボール式は動きが鈍く、汚れがたまるとより動きにくくなってしまう。カーソルの動きも遅く、手首の大きな動きを必要とするため、余計な筋負担が増してしまう。

マウス症候群予防法 こんな姿勢に気をつけよう

マウス症候群予防するために、危険な姿勢のクセを直しましょう。

・足を組まない

足を組んでマウスを操作すると、右肩があがり、背骨が歪みやすくなります。椎間板が変形した患者の50%が足を組みPCに向かうタイプです。

・電話を耳と肩で挟まない

耳と肩で受話器をはさんだ姿勢でマウスを動かすと左肩は上がり、右肩が下がる不自然な姿勢になり、体の軸が大きく歪んでしまいます。

・肘をついてマウスを操作しない

マウス側の手を肘で支えるだけでも、負荷は相当重い。手首も机につかず上に浮き上がってしまうため、指先への負担が大きくなる。

マウス症候群予防法 休憩をこまめにとろう

マウス症候群予防するためには、休憩をこまめにとることも効果的です。

・1時間作業したら10分休憩

厚生労働省のVDT(PC作業)ガイドラインによれば休憩時間の目安は1時間ごとに約10〜15分。手首の疲労蓄積の防止にも役立つ。

・休憩時は歩き回る

着座中の身体への負担は立っているときの約1.4倍。さらに姿勢が悪いと通常の2倍の負荷がかかる。歩くと前身の疲れが和らぐ。

・手の筋肉をほぐす

マウス操作で固まってしまった手首の筋肉をほぐしてあげることも大事。マメに行なうことで筋肉が伸び、疲労がたまりにくくなる。

 | HOME | 

Categories

Recent Entries